コスプレ

1:2014/08/16(土) 22:26:19.85 ID:
マイナビニュース
世界最大規模の同人誌即売会イベント「コミックマーケット」(通称:コミケ)が8月15日より、3日間の会期で東京ビッグサイトにて開幕した。

コミケといえば、数千人規模のコスプレイヤーたちも名物のひとつ。
東ホール一階の庭園や、ホール外のトラックヤードなどがコスプレエリアとして開放されており、
さまざまな作品の衣装を身にまとった華やかなコスプレイヤーたちと、それより遥かに多くのアマチュアカメラマンたちでごった返していた。

初日は快晴にも恵まれ、コスプレ撮影にはやや日差しが強すぎるほど。
気温自体はそれほど上がらなかったこともあり、まずは撮影日和といってもいい天候。
コスプレイヤー側も猛暑に備えてか、水着をアレンジした衣装や、『ラブライブ!』のチア衣装など夏向けのコスチュームも目立った。
作品としてはTVアニメ化が決まった『艦隊これくしょん-艦これ-』がやはり人気だが、
古くは『うる星やつら』から『ラブライブ!』のような旬のコンテンツまで、ジャンルの幅が非常に広いのもコミケならではと言えそうだ。

それでは、夏コミ初日に会場で見かけたコスプレイヤーたちを画像で紹介していこう。


『セーラームーン』コスプレで注目を集めていたパフォーマーのレディビアード氏


CN:兎萌きゃん『ラブライブ!』高坂穂乃果

CN:萌香『ラブライブ!』南ことり


CN:もゆこ『ラブライブ!』高坂穂乃果


CN:とりぴよ『ラブライブ!』絢瀬絵里


CN:シラ夢『らき☆すた』泉こなた


CN:ゆりり『アイドルマスター シンデレラガールズ』城ヶ崎莉嘉


CN:甲斐枝カエ オリジナル


CN:まめ レーシングミク


CN:ぽぷり『魔法少女まどか☆マギカ』暁美ほむら


CN:雲居茉夏 初音ミク


CN:のばメロン。蒲郡みかんポスト擬人化


CN:とまち『ラブライブ!』星空凛

http://news.mynavi.jp/news/2014/08/16/102/
※続く
【【写真多数】「コミックマーケット86」会場を彩ったコスプレイヤーたち】の続きを読む

1:2014/06/28(土) 20:33:52.31 ID:
シベリアでコスプレ大会 日本アニメの演技競う
http://www.47news.jp/CN/201406/CN2014062801001824.html
共同通信 2014/06/28 20:15:23


 【ノボシビルスク共同】ロシア西シベリアの中心都市ノボシビルスクで2
8日、シベリア初の本格的なコスプレ大会「Hanabi Fest」が開
かれ、ネット上の動画などで日本のアニメキャラクターを知った若者ら約2
0人が集まり、中心部の広場でキャラクターになりきったパフォーマンスを
見せた。

 首都モスクワではすでに在ロシア日本大使館主催の大会などが定期的に開
かれ、日本のコスプレ文化が定着している。

 今大会はシベリアの大学などで日本語を教えるロシア人講師らが、受講生
が寄せる日本への関心が伝統文化からアニメや音楽などポップカルチャーに
移っていることに気づき発案した。



写真:コスプレ大会を前に、ポーズをとる参加者=28日、ロシア・ノボシビ
ルスク(共同)
【シベリアでコスプレ大会 日本アニメの演技競う [6/28]】の続きを読む

1:2014/04/28(月) 12:49:12.40 ID:
 
◆ 「美しすぎる」コスプレに熱狂 ロシアの若者、日本アニメに憧れ
 
【モスクワ渡辺玲男】
北方領土問題を抱え、日本ではマイナスイメージがつきまといがちなロシア。
そんな「近くて遠い」とも言われる隣国で、
日本発のアニメや漫画の登場人物に扮(ふん)するコスチュームプレイ(コスプレ)が、
熱狂的ファンをつかんでいる。その姿は日本でも「美しすぎる」と紹介され、インターネットなどで話題に。
新たな交流の裾野を広げるきっかけにと期待されている。

大音響で流れる日本アニメのテーマ曲に乗って、
役になりきった派手な衣装の若者ペアが次々と舞台に上がる。
20日、首都モスクワ市内の大ホールを借り切って行われた「世界コスプレサミット(WCS)」のロシア代表選考会。
モスクワをはじめ、10カ所の地方予選を勝ち抜いた10代、20代の25組の若者が
「演技力」「再現力」「影響力」を競い、大勢の立ち見まで出たホールは熱気に包まれた。

約2,500人が詰めかけた会場はホールの外も「新世紀エヴァンゲリオン」や「進撃の巨人」など
人気アニメの登場人物を模した通称コスプレイヤーであふれ、即席の写真撮影会でにぎわっていた。

かつてロシアで人気を集めたアニメは、
テレビ放映された「美少女戦士セーラームーン」など一部の作品に限られたが、
インターネットの普及に伴い、さまざまな作品にファン層が広がった。
アニメやコスプレ関連のイベントは、数十人から数千人規模まで含め
モスクワでは年100回以上開かれているという。

ただ、日本発のアニメや漫画がロシアでファンをつかむ一方、
日本の関連業界や企業が、ロシアを市場として見る意識はまだ低いという。
草の根のブームを新たな日ロ交流やビジネスへとつなげられるか、知恵が問われそうだ。

◆ ソースは、北海道新聞(日本)から。
http://www.hokkaido-np.co.jp/news/international/535952.html

◆ 画像。
コスプレ世界大会ロシア代表の座をめぐって、舞台で日本アニメの登場人物になりきって演技する若者たち=20日、モスクワ市
【「美しすぎる」コスプレに熱狂 ロシアの若者、日本アニメに憧れ】の続きを読む

このページのトップヘ