ゲーム

p000000251846_1

1
:2014/07/15(火) 18:35:00.23 ID:
 10日に発売された「妖怪ウォッチ2 元祖/本家」(レベルファイブ)の販売本数が、
発売から4日間で約128万本だったことが15日、「ファミ通」を発行するKADOKAWAの調べで
明らかになった。発売4日間の販売本数が約5万2000本だった前作「妖怪ウォッチ」と比べると、
約25倍にまでふくれあがっており、ブレークを裏付けた格好だ。

 「妖怪ウォッチ」シリーズは、「イナズマイレブン」や「レイトン教授」シリーズなどを手がけた
レベルファイブ(福岡市中央区)のニンテンドー3DS用ゲーム。不思議な時計を手に入れた少年が、
日常に潜む妖怪と仲間になって、さまざまな問題を解決していく……という内容。マンガの連載や
テレビアニメの放送で大ブレークした。

 昨年7月に発売された前作は、約1年かけて累計約118万本を販売しており、「2」はわずか4日間で、
前作の累計販売本数を上回ったことになる。(集計はいずれもパッケージ版のみ)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140715-00000011-mantan-game
【【ゲーム】3DS「妖怪ウォッチ2 元祖/本家」4日間で128万本の売上 初週販売本数は前作の25倍に激増】の続きを読む

Archery_kill_cam

1
:2014/07/15(火) 15:39:39.57 ID:
日本ではなく海外で作られたゲームのことを「洋ゲー」といいます。
昔は、日本で洋ゲーを手に入れるには専門店などに行かないとだめだったりしましたが、
現在では日本語訳されて発売されることも多くなり、身近なものになりつつあります。

しかし、やはり日本のゲームとは異なる独特の世界観やゲーム性があるため、とっつきにくい人も多いようで......。
今回は、そんな洋ゲーにありがちな、「洋ゲーあるある」を紹介します。


●アクションゲームなどは、難易度チェックがされてないかのごとく激ムズで、最初のステージがクリアできないこともある。(男性/33歳/マスコミ・広告)

●登場する女性キャラが中途半端にリアルでキモかったり、とにかくブサイク。(男性/35歳/機械・精密機器)

●ブサイクなのにやたらと胸とお尻だけはデカい。(男性/35歳/機械・精密機器)

●アクションゲームやRPGなどの男性キャラクターは、基本的にアメフト選手のようにゴツイのばっかり。(男性/30歳/学校・教育関連)

●特に説明もないままいきなり始まることが多い。(男性/26歳/情報・IT)

●BGMはHIP-HOP系が多め。(男性/28歳/不動産)

●海外では「1,000万本売れている!」ようなゲームでも、日本では10万本も売れない。(男性/34歳/情報・IT)

●エンディングで開発者が顔出しして、家族や友人への感謝のメッセージを言ってることが多い。(男性/29歳/電機)

●敵をやっつけるとなぜか爆散する。(男性/27歳/自動車関連)

●コントローラーのエディットが雑。(男性/33歳/団体・公益法人・官公庁)

●洋ゲー=FPSというイメージ。(男性/30歳/学校・教育関連)

●アメリカ万歳な展開が多い。(男性/26歳/マスコミ・広告)

●登場するモンスターには、日本のゲームにありがちなかわいさが一切ない。(男性/35歳/機械・精密機器)

●はげているおっさんが主役のゲームをよく見る。(男性/28歳/金融・証券)

●日本語字幕がヘンだ。(男性/33歳/医療・福祉)

●日本語版の発売が待てず、海外版を購入してしまう。(男性/34歳/小売店)

●大爆発の中から車で飛び出したり、ハリウッドの映画みたいな演出が多い。(男性/34歳/小売店)

●日本だとプレーヤー人口が少ないので、同じゲームをやっている人に会うとうれしい。(男性/30歳/ホテル・旅行・アミューズメント)


以上、洋ゲーにまつわるよくあることでした。洋ゲーを経験したことのある人は、「あるある」となったでしょうか? 
「洋ゲーはしない」という人も、たまには毛色の違う海外のゲームで遊んでみるのもいいかもしれませんよ。

http://news.nicovideo.jp/watch/nw1149120
【「洋ゲーあるある」 キャラがキモイ・不細工、主役おっさん、難易度高め、日本では売れない、BGMがHIPHOP】の続きを読む

1:2014/07/11(金) 17:45:03.12 ID:
今、7月9日に配信された『Sakura Spirit』というADVが世界のOTAKUから注目を集めています。
『Sakura Spirit』は、海外のデベロッパー・Winged Cloudが開発したギャルゲーで、同社は過去にもADVを開発しています。
現在Steamはで配信されており、早くも売り上げランキングのベスト10にランクイン。(7月11日15時現在)

ストーリーとしては、柔道家の主人公が異次元に飛ばされて、ケモノなヒロインたちと出会う恋愛もの。
ゲームは選択肢によって分岐し、表現は全年齢向けです。

既に多くのプレイヤーがレビューを投稿しており、日本語のレビューもちらほら。
全体的に「おすすめ」評価が多く、特にCGイラストが高く評価されています。
実際に公開されているスクリーンショットを見ると、確かに素晴らしい出来栄え。
国産のADVと言われても納得しそうなテイストで、かなり日本を意識していると思われます。

なお、現在は英語のみの展開。
ただし、日本語版の製作も進められていることがSteamページに記載されています。
『Sakura Spirit』は好評配信中で、価格は9.99ドルです。



Sakura Spirit Trailer


インサイド 07/11
http://www.inside-games.jp/article/2014/07/11/78510.html
【全世界のOTAKUから注目を集めるギャルゲー『Sakura Spirit』、日本語版の製作が決定】の続きを読む

1:2014/07/11(金) 16:06:42.84 ID:
 ソニーストアは、PlayStation 4(PS4)に「アナと雪の女王」のレーザー刻印を施した
「PlayStation 4 アナと雪の女王 Limited Edition」を7月16日に発売する。ソニーストア
限定販売で、数量限定となっており、価格は42,980円。

 PS4本体「CHU-1000AB01」(500GB HDD/ジェットブラック)に、「アナと雪の女王 レーザー刻印
PlayStation 4 HDDベイカバー」をセットにしたモデル。PS4のHDDベイカバーはユーザーが
交換できるようになっており、付属するアナと雪の女王バージョンのベイカバーをユーザーが
本体に取り付ける。刻印されているのは、物語の中心人物である王家の姉妹、エルサとアナ。

 この他に、ワイヤレスコントローラの「DUALSHOCK 4」、モノラルヘッドセット、電源ケーブル、
HDMIケーブル、USBケーブルが同梱される。

 なお、このLimited Editionに「アナと雪の女王」のBlu-ray/DVDは付属しない。BD+DVDの
「アナと雪の女王 MovieNEX」(VWAS5331/4,000円)は、ウォルト・ディズニー・スタジオ・ジャパンから
7月16日に発売される。

http://av.watch.impress.co.jp/docs/news/20140711_657464.html
【ソニーストア、「アナと雪の女王」デザインのPS4を数量限定発売】の続きを読む

maxresdefault

1
:2014/07/03(木) 21:31:22.12 ID:
 世界的大ヒットゲーム最新作「METAL GEAR SOLID V: THE PHANTOM PAIN」
(KONAMI)の最新トレーラーが、先日開催された世界最大規模のゲーム見本市E3をもって
公開され、そのクオリティーの高さに、映画界からも称賛の声が集まっている。

 「THE PHANTOM PAIN」は株式会社コナミデジタルエンタテインメントの小島秀夫監督が
生み出した「メタルギア」シリーズの最新作。予告編は、小島監督が自ら編集したもので、
主人公スネークの過酷な運命と、壮大な物語を予感させる完成度の高さで世界中のファンを熱狂させた。

 その熱は小島作品ファンの多い映画界にも伝わり、『パシフィック・リム』のギレルモ・デル・トロ監督は
「小島さんは僕にとって不変、不動の、インスピレーションの源であり、
メタルギアはいつだって先鋭的(edgy)で、精力的(vital)だ。言葉を失う程の世界と感性で
僕たちの期待に応えながら、さらに絶え間なく、限界に挑み続けている。
このトレーラーは表現媒体の未来へと開く、息も止まる物語と芸術的発展へのとば口だ。
アメージング!!」と大興奮。

 また『ドライヴ』『オンリー・ゴッド』のニコラス・ウィンディング・レフン監督も
「ドストエフスキー、スタンリー・キューブリック、カラヴァッジオの精神(スピリット)が
小島秀夫の体内に入り込んだのかと思えてしまう」など、手放しで絶賛。
さらに『オールド・ボーイ』のパク・チャヌク監督は
「私はずっと小島さんが監督した映画を観たいと思っていました。しかし
『METAL GEAR SOLID V』の最新トレーラーを観て、私が間違っていたと確信しました。
小島さんはすでに彼のやり方で映画を作っていたんです。『METAL GEAR SOLID』の
ゲームは既に映画であり、未来の映画なのです」
と語るなど、ジャンルの枠を超える小島監督の才能を称賛している。

 そのほか、「メタルギア ソリッド」実写映画化のプロデューサーも務める
アヴィ・アラッドをはじめ、『処刑人』「ウォーキング・デッド」に出演するノーマン・リーダス、
塚本晋也監督など、各著名人コメントの全容は、同作の公式サイトで確認することが可能。
ゲームの枠を超えた体験への期待が高まる。

http://www.cinematoday.jp/page/N0064283

MGSV: THE PHANTOM PAIN - E3 2014 Trailer (jp)


公式サイト:著名人の皆様からのコメント
http://www.konami.jp/mgs5/tpp/jp/videos/comment.php5
【ハリウッド騒然!「メタルギア ソリッド」最新作トレーラーに映画界から称賛の声!】の続きを読む

このページのトップヘ