小説

1: yomiφ ★ 2014/09/05(金) 11:45:11.62 ID:???
no title


【新シリーズ紹介】『女騎士さん、ジャスコ行こうよ』ができるまで

プルルルル……ガチャ
「はい、イオングループ広報部です」

(・ω・)「突然のご連絡、失礼致します。私、MF文庫J編集部のこうたけと申します」

「お世話になっております」

(・ω・)「実はですね、この度『女騎士さん、ジャスコ行こうよ』という作品を出版したいと
考えていまして、それで御社のブランド名であるジャスコを使用させていただきたく、ご連絡したのですが」

「……は?」

(・ω・)「あのですね、『女騎士さん、ジャスコ行こうよ』というライトノベルでして」

「……は?」

(・ω・)「女騎士がですね、ジャスコにですね」

「……は?」

≪内容を説明中≫

(・ω・)「ですから、作中においてジャスコは理想郷の扱いになっていてですね」

「……はぁ」

(・ω・)「そんな訳で、ジャスコの名称を使わせていただきたいなぁ、ということなのですが」

「とりあえず確認しますので、企画書か概要みたいなものをお送りいただいてもいいですか?」

(・ω・)「はい、よろしくお願い致します!」

>>2につづく)
http://blog.mediafactory.co.jp/mfbunkoj/?p=27584

【【小説】MF文庫J新刊 『女騎士さん、ジャスコ行こうよ』の誕生秘話が話題】の続きを読む

1:2014/08/15(金) 00:39:22.62 ID:
11月21日に誕生する集英社の新ライトノベルレーベル「ダッシュエックス文庫」に、
矢吹健太朗や河下水希がイラストで参加する。

「ダッシュエックス文庫」は、安倍吉俊挿絵による桜坂洋「All You Need Is Kill」などを輩出してきた、
同社の「スーパーダッシュ文庫」をリニューアルしたレーベル。
矢吹は「迷い猫オーバーラン!」の松智洋と、
河下は「“文学少女”」シリーズで知られる野村美月とタッグを組む。

またえれっとや、柴乃櫂人の参戦も決定しているほか、
貴家悠原作による橘賢一「テラフォーマーズ」のノベライズ版を刊行していく。
なお本日8月15日にスタートするコミックマーケット86の東ホール待機列では、
矢吹のイラストをあしらった「ダッシュエックス文庫」の瞬間冷却剤を
3万個限定で無料配布する。

ダッシュエックス文庫 創刊3カ月のラインナップ

アサウラ×晩杯あきら「ファング・オブ・アンダードッグ」
片山憲太郎×山本ヤマト「紅 kure-nai」
榊一郎×柴乃櫂人「神鎧猟機ブリガンド」
丈月城×BUNBUN「クロニクル・レギオン」
松智洋×矢吹健太朗「はてな★イリュージョン」
山形石雄×宮城「六花の勇者5」
新木伸×森沢晴行
王雀孫×えれっと
春日みかげ×瑠奈璃亜
神野オキナ×?
十文字青×吟
杉井光×るろお
鈴木大輔×肋兵器
築地俊彦×さらちよみ
野村美月×河下水希

http://natalie.mu/comic/news/123656


【【小説】集英社の新ラノベ文庫「ダッシュエックス文庫」に漫画家・矢吹健太朗さんたちがイラストで参加】の続きを読む

1:2014/07/18(金) 11:01:43.53 ID:




2014年7月15日

 双葉社は7月30日、ライトノベル専門の文庫レーベル「モンスター文庫」を立ち上げる。

 7月30日発売の創刊タイトルは、『ぼくは異世界で付与魔法と召喚魔法を天秤にかける 1』(著者:横塚司 イラスト:マニャ子)、
『宝くじで40億当たったんだけど異世界に移住する 1』(著者:すずの木くろ イラスト:黒獅子)、
『軍師は何でも知っている 1』(著者:タンバ イラスト:新堂アラタ)の3点。

 毎月30日発売となっており、8月30日には『モンスターのご主人様 1』(著者:日暮眠都 イラスト:ナポ)、
『魔人勇者(自称)サトゥン 1』(著者:にゃお イラスト:賀茂川)、
『ドラゴン・イェーガー ~狩竜人賛歌~ 1』(著者:井藤きく イラスト:雨壱絵穹)の発売が予定されている。

 発売タイトルはいずれも小説投稿サイト「小説家になろう」の掲載作品。
また、モンスター文庫公式サイトには「モンスター文庫大賞」という賞の存在が確認できるが、詳細は明らかとなっていない。

 8月28日には新潮社の新レーベル「新潮文庫nex」から文庫の発売が予定されているほか、
集英社や講談社も新たなレーベルを立ち上げようとする動きを見せている。各社の動きにも注目が集まりそうだ。

http://ebook.itmedia.co.jp/ebook/articles/1407/15/news134.html
【【小説】双葉社が新レーベル『モンスター文庫』を創刊――初のラノベ刊行へ】の続きを読む

1:2014/04/11(金) 08:57:25.03 ID:


「戯言」シリーズや「物語」シリーズなどの小説作品で知られる作家の西尾維新さんが、
糸井重里さんのプロデュースする「ほぼ日手帳」を使用していることが、Webサイト
「ほぼ日手帳2014」に掲載されたインタビューで判明した。

西尾維新さんといえば、ミステリーをベースにした作風で、アニメ化も複数行われるなどの
作品の人気もさることながら、『刀語』での12ヶ月連続の小説刊行記録など、現存する
小説家の中でも指折りの多作・速筆であることで知られている。その上、複数のシリーズや作品を同時進行で書き続けている。

そのスケジュール管理の大変さを想像するのは容易だが、その膨大な作品リリースの秘密には「ほぼ日手帳」が大きく寄与していたようだ。
--
西尾:だから僕は1日に書く文字量を「文字数」で決めています。

へえー、文字数で!1日でどれくらい書かれるのですか?

西尾:今は、基本1日2万字です。

1日2万字‥‥。す、すごい‥‥。

西尾:もう少し詳しくいうと、5000字を書くのに2時間かかるので、2時間ごとに1回休憩、という感覚ですね。
2時間で5000字ということは、15分で約700字書けていれば、達成できます。
ですので、15分経ったところで600字なら今日はちょっと苦戦するぞ。
800字なら今日は調子がよさそうだ、とわかります。

はぁー‥‥。
--

文字数で一日に執筆する量を決めているという西尾維新さん。ここで登場するのが、「ほぼ日手帳」だ!

--
西尾:小説家を目指していたころ、いちばんたいへんだったのは原稿用紙枚数を書くことでした。
やっぱり300枚も400枚も文字を書くのは生半ではなく、早い段階で挫折してしまいます。
ですので、小説のプロットはつくらなくとも、執筆ペースのプロットは必ずつくるようになりました。
ひと口に何万字と言えば途方もなく聞こえますが、仕事量を分割して計算していけば全体像がつかめます。
この文字数と時間の管理も、「ほぼ日手帳」でしているんですよ。
--

「ほぼ日手帳」は、糸井重里さんが運営する「ほぼ日刊イトイ新聞」オリジナル商品として
制作・販売される手帳。1日1ページという、高い自由度のため、使う人の工夫によって、様々な方法で使用することができる。

西尾維新さんは「ほぼ日手帳」の方眼を利用し、そこに時間数と文字数を記録しているという。
それで進行を管理し、複数の作品やアニメのオーディオコメンタリーの原稿なども
書き進めているようだ。さらにはストップウォッチまでも使っているという。

新社会人の皆さんも西尾維新さんを見習って、スケジュール管理には
気を配ったほうがいいよ! と社内で進行管理をやっている筆者は思いました。

http://kai-you.net/article/4538

ほぼ日手帳 西尾維新インタビュー
http://www.1101.com/store/techo/people/014.html
https://www.1101.com/store/techo/people/014_2.html
【西尾維新、「ほぼ日刊イトイ新聞」に登場 ほぼ日手帳、ストップウォッチ…超多作の秘訣語る】の続きを読む

1:2014/03/16(日) 22:27:06.29 ID:


庄司卓さんの人気小説の最新作「それゆけ! 宇宙戦艦ヤマモト・ヨーコ 【opt.PLUS】」が
3月20日に発売される。

「それゆけ! 宇宙戦艦ヤマモト・ヨーコ」の短編集で、完全新作書き下ろしとなる。
収録内容は以下の通りだ。

●内容紹介
宇宙に浮かぶ遊園地に、本物の宇宙戦艦が展示されることになった。
その宇宙戦艦には子供でも操縦できるシステムを採用する予定なのだが、
適当なサンプル・データを取れる人間が見当たらない。
そこで白羽の矢が立ったのは千里だった。
完全新作書き下ろし。

<コンテンツ>
●千里、頑張ります! 遊園地編
●「生命の風が吹く場所」
●STUNランナー
●千里、頑張ります! ふぇいず2チーム編
●あとがき
●巻末企画
赤石沢貴士の宇宙戦艦建造計画
―工作編・塗装編

<著者より>
「ヨーコ」本編完結まで長らくお待たせしてしまった読者の皆さまへ、
ちょっとしたプレゼント代わりとして、今回の短編集をお贈りいたします。
まぁこれが出るまで、またまたお待たせしてしまったのですが。
基本的には「opt.」シリーズのノリで楽しんでいただければと思います。
特に千里の出番が多くなっておりますので、ファンにはお勧め。

http://www.ota-suke.jp/news/114103
http://www.amazon.co.jp/dp/4022760087/
【庄司卓「それゆけ! 宇宙戦艦ヤマモト・ヨーコ」完全新作の短編集 3/20発売】の続きを読む

このページのトップヘ